「よけいもの展」

梼原で岩本さんと明神さんの2人展!

2人とも全然違う作風の絵を並べて
全然違うオーラを出しちょったがやけど、
それがええ感じ!
もっちょっとゆっくり見たかったな〜

というのも。
18日、ライヴするって言いよったけん
麦ちゃんの車に乗せてもろうて2人で、
まず「どっちやろね〜」って言いながら
大正の方から行ってみた。
ほんなら暴風雨で崩れた土砂を踏んで、
麦ちゃんの車パンクしちゃった!!(笑笑笑)
その場所が車もほとんど通らん山道で、
ケータイはソフトバンクもドコモも圏外!
結局、パンクしたまま走り続けて数十分…
やっと人家が見えてきてーー!
そこのおばちゃんおんちゃんらが暴風雨の中
奮闘の末、スペアタイヤと替えてくれたのです。
ありがたい!めっちゃ親切な人らやった。
でそっから大正のスズキに行って
西土佐に戻って愛媛の方から行ったら
なんと5時間かかった!!(笑)
ホントは西土佐から梼原まで
1時間ぐらいらしい(笑)

そういうことで、
うちらが辿り着いた時には
ライヴは終わっちょったけど
何人も待ってくれちょって
それで歌わせてもらって
麦ちゃんも歌って
ああ〜無事でよかったね〜って(笑)

そんでなんでか
そこに泊まることになって、
っていうてもなんちゃ持って来てないけん
うちも麦ちゃんも座布団を敷いて、
上に明神さんが座布団を掛けてくれると言う
ホンマ笑える寝方で可笑しかったがやけど(笑)

泊まることになってしもたけど
まあえっか〜と思うて
なんとなく話しよったら、
明神さんにハマってしもうた!(笑)
だってめっちゃおもろいし、
すっごい色んなこと深く考えちょうし、
その考えがうちらと同じ方向で、
(パラレルワールドとか次元上昇とか生きることとか)
やけどまた新しい発見があったりして
すんごい勉強になった。

さらに、よかったと思うのは、
歌の力と声の出し方、
音楽が人間にどういう影響を及ぼすか、
みたいなのが明神さんとエイジさんのおかげで
うちの中で問題が1つ解決した!
エイジさんはそれを理論的に説明してくれて、
やけど私は人に伝えれんし、
理論的には理解できてないけど、
分かった!
ほんまに分かった!!
分かったがっちゃ!!(笑)

人間に音楽は必要なのか?
それともただの娯楽にすぎんがか?
無くっても死なんやん?
そういうことをずっと考えてきた。
自分のすることに意味があるんかってこと。

意味あった!!
人間は振動と生きちょう!!
波!!

うれしい。
う〜れし〜い〜な〜♪(笑)

テンション上がったのはええがやけど、
今日の朝9時前ぐらい?
台風強くなっちょうやん!!
まなちゃんが
「みきちゃんの車浸かるで!」
「西土佐から中村の道は浸かっちょう!」
って電話くれて
「ええ〜ど〜しょ〜」
麦ちゃんとエイジさんと西土佐に帰って
まなちゃんちに置かせてもろうちょった
みきかのプレオちゃんですぐ、
中村に抜けれんって言われたけん
窪川の方から帰ろうとした。

ほんならそっからがみきかのバカ話!
無意味に久礼坂を往復したのですよ!(涙)

まず、エイジさんが
岩本寺に寄りたいって言って、
なぜにこんな台風の中
岩本寺に行かなならんのかいな(笑)
と思ったけどまたそれも
まあえっか〜
と思うて行ったら
道分からんなった…
その後エイジさんが言う方向も却下して
突き進んだ結果、
土佐市まで行ってしまったのだ…!!

もうありえん!!
自分が悲しい!!

そっから引き返して
結局家に着いたのは16時…

ってことは西土佐から家まで……6時間!?
はっちゃかめっちゃかーーーーー
さんざんーーーーーー

ポジティブシンキングでいけば、
麦ちゃんと初めてこんなにいっぱい話して
なんか仲良くなれた!
エイジさんとはもっと話して(車上時間長過ぎて*笑)
なんか仲良くなれた!
久礼坂2回も走った!
勉強になった!
ドイツなんか行って大丈夫かあ!?
大丈夫!!なんとかなった!!(笑)




なんかめちゃめちゃ変な数日やった…(笑)
ありえんばおもしろい数日やった…


あっ
明神さん並に長い話を読んでくれた人ありがとう(笑)
うちもたまに聞いてなかったのでたまにトバして下さいね(笑)

せんきゅー
1

comment

管理者にだけメッセージを送る

お疲れ様(笑)

やっとブログ見れた(^o^)v
やー(*^^*)無事に明神のところの
ライブに行けてよかったねー!
うちも行ったよー(^o^)v
ドイツに行くの?
またお手紙出しまーす(^-^)v
うちは元気に暮らしてます(笑)(*^^*)

こはるんるんへ

ええーー
行っちょったがーー
うちも手紙書こー^^

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ