Phoebe Snow

さとりのパソコンに入っちょって
かっこええ!!と思うて
「フォエビ・スノーちょうだい!!」
って言うたら
「お姉さんいい趣味してますね〜」
とか言うて、くれた音楽ファイルがある。
まあ実は、読み方フィービー・スノウやったがやけど、
さとり何も言わんけん半年ぐらいは
フォエビフォエビって呼ばれよった人です(笑)
そんとき相当ハマって1stアルバムを聞きまくった。

で、18日は
Deep West Blues Festival♪♪
高知の深西部、西土佐でプチ夏フェス^^
すんごいおもしろかった!
ええ雰囲気やったし
つちっくれはめっちゃ盛りあがっちょったし
最後、主催のマコちゃんとKARAMIのかっちゃん
を筆頭にみんなでセッション♪♪
ええフェスやったと思う^^
これは明らかに身内ビイキなんでね
客観的にはどやったろね(笑)

ほんでうちはスタッフってことで
前の日から準備したり
色々がんばったがです。
うん!がんばったみきかちゃん!
またまた自分で言います(笑)
そいで合間にみきかのI podを新玉くんに
シャッフルでかけてもろうたら
たまたまPhoebe Snowがかかって
そしたら毛利さんが釣れた!!
釣ってないけど!(笑)
毛利さん立ち上がったもんね♪(笑)

今までさとり以外に
Phoebe Snow好きな人知らんかったけん
それがめっちゃうれしかったがっちゃ♪

ほんなら毛利さんは
根無し川のベースの人(また名前が思い出せない…)
とPhoebe Snowの何曲もコピーしたで!
って言いようし
わ〜いいな〜いいな〜
今度一緒にやろうって言うてくれて
わ〜やりたいやりたい♪

…ん?しかしうちにあれが歌いこなせるんかな…?
…ん?今まで歌いこなせた曲なんかないか!(笑)

そんな話をさとりに出来んのがさみし〜な〜
おらんってことを実感する。今さら(笑)

さとりがええって言いよったのが
「San Francisco Bay Blues」で
毛利さんもベースの人も同じやった。
うちは「Good Times」がいっちゃん好きで、
Sam Cookeの曲らしいので
聞いてみたら全然違うかってすごい!と思うた
Sam Cookeのももちろんよかったけど
Phoebe Snowは完全に自分の歌に
しちょってそういうのすごいと思う!
今日花ちゃんが歌いよったみたいに
「誰の歌」とかホンマにないと思うし
ええ歌やったらパクリでもなんでもええやん!
って思うけど(笑)
「その人の」って印象付けれるのが
魅力ってことやし、大切なことじゃないかな〜と思う。

って今調べてみたら2011年4月26日に亡くなっちょうやないか!!
がっぼ〜ん…まだ58才やし…



1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ