インドの旅 20日目 リトゥとオールドゴアへ

フランス人のヴィクターがオールドゴアにみんなで一緒に行こうって言ったんだけど、色々あってヴィクターは行けなくなって、結果、リトゥと2人になった。
まあ、いっか、って言って2人でオールドゴアに行ったんだけど、リトゥとの旅はほんとにその場のノリ重視っていう感じで、めちゃくちゃ面白かった!
まず初っ端に、ココナッツを飲む。20ルピー。

そして名前の分からぬ果物を前に、悩むリトゥ。

今度は小さな壺を前に悩むリトゥ。

引っ掛かるの早すぎ!!!(爆笑)
まだ入り口なんやけど!!!

確かにかわいいけどね。

変な顔のカエルとか

変な顔のおじさんとか(笑)

そしてまたすぐにサトウキビライムジュースを飲む。あ、そっか、リトゥってなんか不思議な感じしてたけど、行動が女の子っぽいんだ。(笑)

いかにも観光っぽいことが始まりそうな予感だったんだけど、話してると、あんまりそういうの興味ないと言うことが分かり、
おっ、気が合うね!
じゃあ、面白そうな所を探しに行こう!となった。

と、その前にゴアの歴史博物館に行ったのだけど、そこでこの地図を見てゾッとした。
下手したら日本もポルトガルやイギリスやフランスの植民地になってたんだな、と思って。
東南アジアで植民地にならなかった国はタイと日本だけだと言う。なぜなのかは諸説あるみたいだけど、結局は立地とタイミング、な気がした。
植民地は本当に恐ろしい。。

これは、リトゥが教えてくれたんだけど、Dosa(ドサ)と言う南インドの食べ物で、米粉のクレープみたいなものの中にサツマイモのマッシュと色んな野菜がたくさん入っていて、この上のカレーを付けながら食べる。カレーは赤いのが辛くて、白いのは冷たくて辛くないもの。この組み合わせが美味しい!!
ランチも終わって歩いてると、船を発見!

乗ろう!と意気投合。
だけどその前にライムジュースを飲ませてってリトゥが。

また飲むんかい!(笑)
塩ライムソーダ、確かに無茶苦茶暑いんで、塩分がいい感じ。

船に乗るのお金いるのかと思ったら無料だった。公的交通機関なのかな。

降りてすぐ、うわっ!何この長閑そうな感じ!
と思ったら大正解!!!

長閑も長閑よ、

癒される~~~
ここにずっといたいぐらいだった。
だいーぶ進んだところに、初めて人が!

写真撮ってくれ!っていうお兄ちゃん。
リトゥは苦笑い。
リトゥってほんとインド人っぽくない。

釣りのために、ここを開け閉めする番人なんだって。開け閉めするのは分かったけど、どういう意味かちょっと分からなかった。誰か分かる人いたら、意味を教えて下さい。魚を閉じ込めるってこと??

ここが住処。

素敵やーーーん!!!

釣りを始めた人が!
こっち側をため池みたいにするのかねえ?

こんな穏やかな所インドで初めて!!!
リトゥと2人で最高の所見つけたね!!!
って大喜び!!!

これは何?って聞くと、お米だよ。って。
やっぱりか!!わ~~!!疑問に答えてくれる友よ、ありがとう~~~!

私はあの洗濯物になりたい。っていうくらい気持ちいいんですけど!

どこまでも広がるライスファームの跡。されど人影はなし。

人が、いた!!!
かっこよすぎるで、おばあちゃん。
たぶん、うち一人ならずんずん奥まで行って帰れなくなってただろうけど、リトゥがもうさすがに帰ろうって言ってくれて、かなり遠くまで歩いてしまったのでバスを待つ事に。

別にここはバス停でも何でもない。ただ、おばあちゃんがいたから一緒に待ってみただけ。結果、おばあちゃんが止めたのは普通の車で、同乗させてもらって、つまりヒッチハイクだった。(笑)

また船で帰ってゆく。

異世界の向こう岸だったわ。
帰ってきたら、今度は日曜ナイトマーケットが始まっており、途端にものすごい混雑!!!

ギャップが激しいでごわすー!!
私はリトゥを見失わないように追いかけるので必死。

レース売り場。

豚の腸詰のサンドイッチ。ベジタリアン大国のインドではこの手の肉料理は珍しく思う。食べてはない。

CDショップが現れた!

オススメを聞いたら、いっぱい試聴させてくれて、2枚だけ買おうとしたら、なんかいっぱいセットで買わされた。計6枚。重い。(苦笑)
リトゥも1枚って言ったのに、4枚買わさせられてた。(笑)

これ、買ってないけど、映画のサントラらしい。見てみたい(笑)

この観覧車が回るの速すぎてびっくりしたで!!!あれは観覧車じゃない!!(笑)
いったいどうやって乗り降りしてるのか、もしくは人が乗ってないのか???っていうぐらい速いんだよ!グワングワン回ってるんだから。

リトゥが試食して、おえっ、まずっっっ!って吐いてたやつ。(笑)

キッラキラの帰りのバス。このバス見て、リトゥが「クレイジーバス!」と言って写真撮り始めたので、えっここだけなの?って聞いたら、少なくとも僕の町(アッサム)ではないよ!って。そうなのか。(笑)ほんとインドは広しだね。
ちなみにこのバスはパーティバスでもなんでもなくて、普通のローカルバスです。(笑)
どうも、バスは運転手さんの好きに飾っていいらしい。だいたいみんな神様とか光物を飾っている。
右のお兄さんはバスの呼び込みの人。
オールドゴアは「オラー!オラー!」って聞こえるし、パナジは「パジー!パジー!」って聞こえる。

またリトゥが新しい食べ物を教えてくれた。
パンと言う名前のおやつ(?)。
この葉っぱの中に、蜂蜜とスパイスと後はなんだか分からない赤い漬物みたいなものと、

何種類もの薬味的なものを詰め込んで、

くるっと葉っぱを巻いたら出来上がり!パクッと一口で食べるそうな。
食後に食べたりするとか。だからおやつって言うより、口直しみたいな感じなのかな。
食べてみたら最初、うっ、って詰まる独特な味だったけど、その後フレイバーが効いてきて、最後には後味素敵~!っていうミント食べた後みたいな爽快感と甘味とが長く口の中に残るワンダフルな食べ物でした。

葉っぱの浮かぶバケツ。(笑)
衛生面を考えたら路上の食べ物はほぼアウト。でもこういうのに挑戦しなければ、インドに居る楽しみの3分の1ぐらいは失われる気がする。でも体調悪くなるのは嫌だ!という毎度の葛藤。

  • そしてまだまだ続くぜ、今日の初食べ物は!



どーーーーーん!
私が魚料理を食べてみたいと言ったので、リトゥが「魚なんかある?」とウェイターさんに尋ねたら、「ちょっと待ってね、今日のやつ持ってくるね」って言ってメニューかなんか持ってくるのかと思ったら、魚まるまる机にどーーーーーん!????(笑)
私もびっくりしたけど、それよりもリトゥが目を丸くして、「えっ、、、、えっ、、あははははははは」とちょっと固まった後に爆笑し始めたので、余計におかしかった。
リトゥがインド人っぽくないのか、どんなインド人でも驚く行動だったのか。(笑)
まるまるの魚料理はめちゃ高かったのでやめて、フィッシュカレーにしました。なかなか美味しかったよ!
あと、写真撮ってないけど、ビリヤニという焼き飯とリゾットとパエリアのあいの子みたいなののカレーバージョンのやつも食べて、それも美味しかった!

Fenny(フェニー)というカシューアップルのお酒も初めて飲みました。これはめちゃくちゃ甘くてちょっと苦手だったな。

そしてジョセフバーという素敵なバーでヴィクターと落ち合い、一本だけビールを飲んで帰りましたとさ。

何これ!?うまっ!!!クセがあって、独特な味だけどサッパリしててうまっ!!!地ビールなんだそうな。

こりゃ、クタクタになるわいな。どんだけ長い1日やねん。
ああ、楽しかった!
プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ