インドの旅 4日目・デリーでお買い物

今日は、もくちゃんのファッション見学&買い物に付きあって、高級系マーケットに行ってみました。
もくちゃんはうちと見てるとこが全然違うんだよね。
服屋さんがどこにあったとか、めちゃくちゃよく覚えてるし。
自分だけでは絶対に行かないとこだから、面白くて、こういうのがいいよね、2人旅。
インドには有名なブロックプリントという伝統工芸があるらしく(写真撮り忘れた。興味ある方はググってみて下さい!みんな見たことあると思います。)、それが半端なく可愛いものだから、私も好きになってしまいました。
オーガニックコットン100%で全部手刷り、手染めの服たち。
とても美しかったです。
明日以降もくちゃんが着るだろうから写真撮ろっと。
数日前も書いたPM2.5だけど、とにかく酷くて毎日曇り空みたいな、明るいけど空が見えない、ずっと煙に囲まれているような感じで、鼻が痛いし喉も違和感を覚えたので、仕方なくマスクを買ったでございやす。

こういう空気孔付きのマスクをしている人、結構見かけます。運転手がいる若い男性や、スマートな身なりをした若い女性、外国人などを見かけたことと、このマスク、インドにしてはかなり高かったので、もしかしたらお金持ちと、そういう意識高い系の人だけがしてるのかな。
マスクをしたら、すげー見た目が怪しかったので、笑いながら写真撮ってますが、こんなマスクをしなきゃいけない世の中なんて最悪です。
もうほんと嫌。
インドのせいだとは思わない。
地球の人類全員の責任だと思う。
これほんとにどうにかしなきゃ!行ってみて初めて当事者として感じられる問題です。
日本も都会は汚いといえど、基本的に空気きれいだもん。比べ物にならない。
ちなみにマスクしたら、後でのしんどさが全然違いました。その時はちょっと蒸れるし邪魔だけど、宿に帰ってきてからの鼻と喉のダルさが分かりやすく軽減!
都会では日本でも使いたいかもと思ったくらい。日本でも排気ガスとかしんどい人にはおすすめですよ。放射能除けのためにしてる人もいます。
これはもちろん、使い捨てじゃなくてずっと使う用です。密閉性もあって、息もしやすいし、素晴らし!
話変わりますが、
今日はちょーカッコいいおじさんを発見しました!!!上下ピンクの服のおじさん。

たまたま何回もすれ違ったのだけど、ギリシャの彫刻みたいな濃い顔にふさふさの白い髭、何者か分からないけど、唯ならぬ雰囲気を醸し出していて、妄想が掻き立てられました。
有名なグルとか、凄腕の詐欺師とか。服がきれいだったからホームレスではなさそう。
こういう人はなかなか日本では出会えないな~と思った。なんでだろ?昔はいたんじゃないかと思うんだけど。唯ならぬ雰囲気の人。7人の侍に出てくるような。
そいで次にかっこいいおじさんは、こちら。

地味に面白い。埋もれかけ。なのに惨めじゃない。むしろ緑をまとってかっこいい。
今日はこれぐらいにしときます。
あ、さっき、インドに来てから初めてお湯が出ました!
う、うれし~!
気候は結構涼しく夜は肌寒いくらいなのです。
では、ナマステ!(この子、切符売り機の横に隠れてて、わっ!って驚かされた。)

注:設定いじってたらコメント欄がこの記事だけ閉鎖されてしまいました!
感想メールなどくれた方々、どうもありがとう!!読んでくれてる人がいると書いてて楽しいです。読んだよ~って送ってくれたら喜びます(^^)
って、ここコメントできないけど。
プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ