きょんちゃん

まままままさか私の書いた「きょんちゃん」って短編の企画が通ってしまった。。。
なにーーーーーー!????
何が起こったんだ!????
9人くらいのチームなんだけど、その中で企画をどんどん出してほしいと監督が言った。
これは学校の授業の一貫で、プロの監督と映画を作るという実習。その監督さんが、緩くてかわいくてかっこいい人だから、尊敬しているし、人としてとても好きで、その人が企画にハロプロのアイドルのダンスを取り入れてほしいとか言い出した時は戸惑ったけども(みんな戸惑っていて、それが原因で参加しないと言う人まで現れた。笑)、でもがんばって企画書いた。私は怖いのが苦手だから怖い企画になったら嫌だからがんばったのもある。(笑)
しかも先手必勝と思って、一番乗りで企画を出した。
だから一番最初に監督から感想が帰ってきて、「うーん、面白かったよ。(その後ぼつぼつと感想を述べてくれ)まあ、でもこれを基に話を進めようとは思わないかなって感じだな。みんなどんどん企画書いて出してね。」
というようなことを言った。
そうか、ダメだったか。仕方ないな。あと二つくらい書いてみて出そうかな。
とか思いつつ他の課題に追われ、バイトに追われ、その他の音楽関連のことに追われ、精神状態が不安定になったりしてる内に考えてはいたものの、ついに他には企画を書き上げられずに企画決定の日になってしまった。
その間に9人中6人が企画を提出した。監督はみんなのにそれぞれ好意的な感想を述べながらも、「どれもネタ基にしたいのはなかったな」と言った。
みんなに誰の企画が一番好きだった?と聞いて投票すると西本くんと小林くんの企画が人気だった。
だからその二人の企画で話が進むかと思われた。もしくは、監督がいいかもと言っていた憑依系の話になるかもとのことだった。

ところが今日になって突然、

「みんなごめんね。友達が死んでさ。おれ、この1週間実習のこと何にもできなかったんだ。
それで昨日みんなの企画を改めて読み直してたんだけど、志和さんの企画を基に進めようかと思う。」

うえーーーー!!!????????
友達が死んだ???高校生の時に初めて撮った自主映画を一緒に作った仲間だって???それめっちゃ寂しいやつやん!!!!それは何も手につかなくなるよ!!!!
え?それで、なんで私の「きょんちゃん」?????話飛びすぎやろー!!!!!!

内心嬉しいような、妥協されたような、誰一人私の企画に投票しなかったからみんなに申し訳ないような、色んな感情が一気に巻き起こって、すっごいなんだか良く分からない反応をしてしまった。
心の中では予想外の展開すぎて、

おいえうわやうよむんくつのんこおそんぬんんんわのくいおよーおよおよーーー

とワケわからんことを叫びまくっている感じだったんだけど、

たぶん人から見たら無言でぼけーーとしてるような、にやついてるような、ポーカーフェイスのような、そんな感じだったと思う。

そりゃ嬉しいさ!!!!監督が一番ましと思ったのかなんなのか、とにかく感銘を受けてこれを選んだんじゃないってことだけは分かってることなんだけど、それでもちょっとでも面白くなると思ってくれたんだもの!!!!

しかも怖いの撮影しなくていい!!!!うわおひーーーーー!!!!(笑)


なにわともあれ、やる気が沸いてはきた気がする!!!

がががががんばるぞーーーーーー!!!!!!!
(ぶるぶるぶるぶる不安いっぱい希望いっぱい)





1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ