永い言い訳観た

私は映画監督になろうとしているのに映画館で映画を観たことがほとんどない。
恥ずかしい話だ。でも、だって、故郷には映画館がないんだもん!!!!(笑)
だから今日、久しぶりに映画館で映画を観て、めちゃ感動した。いや、なんだったらもしかして、初めてのTOHOシネマだし、いわゆる、なんだっけ、メガシネマみたいな名前の、シネコン?だっけ?初めてのそういうやつだったかもしれない。記憶がさだかではないけど。とにかく音が良い!!!!だからこそ、音が良い映画でなければ意味はないけれど。

観た映画は、大好きな西川美和監督の最新作「永い言い訳」。
最新作も文句なしでした。素晴らしかったです。役者も大人から子役まで最高でした。
絵か良い、音が良い、役者がよい、脚本が良い、衣装が良い、美術が良い、編集が良い、と何もかも良い!!!!
西川監督の作品はどんどん良くなってた。永い言い訳で行くとこまで到達した感じだった。次は、今度は、どうするやろう。楽しみだなあ。
今回今までと違うと思ったのは、モアリズムの音楽が少な目であまりブルース色を出してなかったことだ。私的には少し寂しくはあったけども、一般的にはこっちの方が取っ付きやすいんじゃないだろうかな。竹中ピストルさんの音楽も全くなかったし。でも竹中ピストルさん、あの人にしかできないな。すごいわ、ほんと。



1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ