かぞくのくにを観た

かぞくのくに
っていう、日本で16歳まで育ち一人で北朝鮮へ行かされたお兄ちゃんが、25年ぶりに一時帰国した時の数日間を描いた在日コリアンの家族の話。病気を治すための帰国なので、3ヶ月後には北朝鮮に戻らなければならない。葛藤しながらもどうにかして病気を治そうとしていたにも関わらず、たった数日で、国からありえない命令が下る。

観ながら最初から最後まで泣き続けた。たんたんとシンプルに描いているんだけど、家族みんなと、それに関わる人たちみんなの壮絶な葛藤がひしひしと伝わってくる映画だった。映画の力ってほんとにすごいな....。この話は、ヤンヨンヒ監督の家族の実話だそうだ。ヤンヨンヒ監督が妹で、お兄ちゃんが3人北朝鮮に住んでいるらしい。
私は北朝鮮を悪いとは思わないし、日本も北朝鮮も韓国もアメリカもロシアもどこも良くてどこも悪いのだ。
戦争の話、と思う。国と国との争いに巻き込まれてそしてその国の一員として生きるしかなく、しかもその国を作っているのは偉い人とか、政治家ではなくて、本当は自分達であって....

何にしても、やはり世界に戦争ほど酷いものはない。
戦争はやめよう。仲良くしよう。簡単なことが一番難しいのかね....。

井浦新さんや安藤ももこさんたちの俳優陣も、撮り方も、間も、とても好きだった。

涙であまりちゃんと絵を見れなかったから、もっかい見た方がいいな。また涙で見えないなもしれないけど....(笑)。



1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ