恋話

この恋話、めちゃ長いよ(笑)。しかも別にたいしたことない恋話だよ。期待しないでね(笑)。

バイトして、撮影実習の班長になって、オリザゼミの演劇の脚本とセリフ覚えなきゃいけなくて、高等科の卒業製作のエキストラで出演して、ミニコラボという映画監督と一緒に作る作品の企画を考えて、、、これを一気にやってるのでなんちゅう忙しさ、、、なんですよ。
それなのにこのくっそ忙し時に、恋をしましたー
何なんだろうね。この好きだなあって感情は。初めてのギャップ萌えを経験(笑)。

この24年間、私が好きになった人とはゆうたくん以外上手くいってない。ゆうたくんと付き合えたときは奇跡だと思った。私はそんなつもりないけど、端から見るとかなり私はアプローチするタイプらしくて、保育園児の時からアプローチしまくってたらしいけど、告白したのは振られたし、好きな人ができ婚したこともあったし(これは泣いたよ。笑)、なんか無性に恥ずかしくなって逃げたこともあったし(ドイツで。)、既婚者を好きになったことも2度あり、あまりにも成功しないんで18歳まで凹んでました。一生独身彼氏なしもありえるなと思ってました。まだ18歳じゃん!?ってみんな思うやろうし、うちも今思えば18で諦めんのは早すぎやろ!80歳でも100歳でも可能性ありやで!って思うけど、当人は深刻なんだよね~。
でもそれも18歳の時、ゆうたくんのことを好きになって、猛烈な?アプローチの結果、知り合ってわずか1ヶ月ほどで初めて付き合うことになって、そのまま危機は何度かありながらも24歳の今も付き合ってるわけです。長いな~もう6年かよ~。熟年カップルになりつつあるじゃん~。

18歳まで私はずっと人生の伴侶みたいな最高のパートナーが欲しいと思ってた。それはゆうたくんが最高だと今でも思う。ミュージシャンとして、アーティストとして尊敬できて、自分にないものを持っていて、優しくて、寛容で、かっこいい。
今でもゆうたくんが好きだ。本当に世界で一番尊敬しているし、世界で一番センスと才能のあるアーティストだと思っている。本気で。

じゃあ何なんだこの恋心は~

3年前くらいからゆうたくんとは親友とか相棒とかそんな感じになっちゃってる感はあって、でも付き合って3年も経てば恋は覚めるもんだって言うし、そもそも私が求めてたのはそういう相棒的な人だったから、それでいいんじゃないかとも思うし。

じゃあどうすんのこの恋心~

好き勝手言ってるけど、結婚して相手に一筋の人っていったい何割くらいいるんだろうって良く思う。うちの知ってる限りでは浮気してたり、風俗行ってる人多いからさ~

昔は男がってイメージだったけど、女の人で浮気してる人案外多いんだよね。むしろ最近の35歳以下の男の人は性欲がないっていうか、女性に性的な興味がない人多かったり。(ゆうたくんを筆頭に。笑)

うーん、それを言い訳にしてるわけじゃあないよ。みんなどうなってんのかなっていう単なる疑問。みんなもやもやしてんのかな。

好きな人、好きな人、好きな人、好きな人、好きな人、好きな人、好きな人、好きやねん!!!
あ~悩まし~

恋話したい~
でもゆうたくんとの共通の友達に話すのも、ゆうたくんにっていうよりかはその友達になんか申し訳ないし、ゆうたくんはうちのこういうとこ知ってるからいいんだけど、かといってゆうたくんに話すのはさすがにおかしいし、そういう浮気心みたいなものを嫌う人もいるし、学校の人は彼氏彼女いない人が多いから彼氏いるのにそんな話贅沢言ってるようで出しにくいし、ゆうたくんと別れたいわけでも、別れられなくて困ってる訳でもないから相談でもないし。

ただその人のかっこよさを誰かに伝えたいだけなんかな~

人間って変な生き物だな~



というわけで、前置きめっさ長かったすけど、お暇な方、聞いてください。


その私の好きなセンさん(仮名)は、よれっとした服にいつも草履(本物の)をはいてるんです。他に草履はいてる人渋谷で私以外に見ないから、だからちょっと気になってはいましたが、接点はほとんどないし、名前も知らないし話したこともありませんでした。でもある日、私もほんの少し出演した学生自主映画にセンさんも同じく出演していて、婚活している役でスーツを着てたんです。一瞬誰か分からなかった(笑)。でも良く見るとあれ?この人あの草履の人じゃない?え、まじで、なんだこりゃー!!この人こんなかっこよかったんかー!!えー!!って衝撃で、反射的に声をかけてしまいました。「あこ(話すと込み入ってるからあこにしときます。)で会う人ですよね。スーツで激変ですねー!誰か分かりませんでした!」って言うと、照れ笑いが返ってきました。近くで初めて見たけど、笑うとえくぼがある人で、癒される笑顔~!!
その後、婚活する男女の役だったんですが、意図せず偶然にも監督に割り当てられた席がセンさんと対面になり、声を出さずに会話をするだとか、楽しそうに談笑するとか約3時間くらいの撮影でずっと一緒に。お互い婚活してる役なので、満面の笑顔で「初めまして。椿姫(私の役のハンドルネーム)いいですね。僕も好きですよ。」とか何度も言われて、キュン死にしそうになりますた。途中から目が見れなくなりフワフワドキドキしてました。本当の婚活女子になってるし(笑)。あー、貴重な体験だったなー。映画って現実に起こらないこと体験できるって身を持って知ったよー。これがなかったらここまでセンさん、センさんって言ってなかったんじゃないかな~。ってことは、センさん役者向いてるってこと?

まあそれで、撮影の合い間にセンさんの名前を知り、趣味を知り、他にも隣の席の男女と一緒に話したりして、とても楽しい時間を過ごしました。

さて、私は用事があって帰らなきゃいけなくて、最初からそう伝えてあったので途中だったけど申し訳ないと思いながら撮影を抜けさせてもらいました。するとなんと、センさんも用事があったらしく、一緒に抜けていいよと撮影グループに言われ、しかもこれから行くとこ一緒って言うじゃないっすか!!!しかもしかもスーツのままっすよーーー!!!そこかい(笑)

話せるだけでどきどきする中学生に戻った気分で電車の中で色々話しました。なんでか偶然が重なり、一気に仲良くなれて、スーツギャップ萌えから恋心にわずか数時間にして急展開。なのは、私だけでこっちはいつもとなんも変わってないから、センさんはなんとも思ってないと思うけど(笑)。

それからは会う度に気になって。しかも仕事で、私たちを見守らなきゃならないんですよ。見守られるのって緊張するんですけど~。集中して議論してたりすると、気が付いたら後ろにずっと居たようで、うわっ!びっくりした!ってどきっとする。会えるのは嬉しいけどやめてくれ~。できるなら私が見ていたい~!

ま、そんな感じですです。
あほっすな~。
うん、あほだな~。

センさんと付き合いたいか、とかそういうことはあんま良くわかんない。ただ、かっこいい人だなあとしみじみ思う。
草履が似合う。ひょろっと背が高い。優しそうな笑顔。照れ屋な感じだけど演技は全く怖じてない。無精髭がすてき。何度も言うけど渋谷で草履はうん、まずそれだけで魅力だなあ。洋平くんが東京でまなちゃんのもんぺ姿に惹かれたって気持ちが良く分かるなー。
それなのに、そんな人のスーツ姿、更にかっこよかったなー。また見たいなー。もう見れることないだろーなー。

うーん。うちのアイドルってことにしとこ。草履アイドル。草履王子(笑)


こんなことも、ゆうたくんがいるから余裕があって、焦りも必死にもならず、恋したよとか言っちゃってるってことは良く分かってるんですよ。野放しにしてくれと、付き合い初めから告げてましたが、本当に野放しにしてくれるゆうたくんに感謝です。どんだけ懐広いんだよ。私もゆうたくんもちょーわがままで、おあいこと思ってるんだけど、案外、私の方が迷惑かけてるかもな(笑)。



















1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ