オアシス

2週間に1回オアシスに行くことに決めた。そしたら自分を見失わずに、新しい発見ができると思ったから。
なので昨日は時間も遅くなったしやめようかとも思ったけど、明日、明後日のモチベーションに関わると思ったから、千葉の九十九里にいる谷やんとこに三時間かけて行った。
たまたま谷やんが千葉に帰ってきてるし、九十九里行ったことないしってことでオアシス第一号は勝手に谷やんに決めた。(笑)

そしたら思った通り、たくさん面白い話ができた。
音楽に行き詰まったって言ったら、まだ23でしょ!?行き詰まるの早すぎだよー!生き急ぎ過ぎだよー!と言われ、確かに、と笑った。
私は12歳、中学校という社会に苦しみ出した頃からずっと生き急いでるとこがある。
「早くいっぱい経験積んで、賢くなって、誰にも騙されず、誰にも左右されず、確固とした自分を持って世界に発信し、人々を導かなくては!」
と、大袈裟に分かりやすく言うとこんなような正義感溢れた輩がずっと付きまとっている。
一方では、風任せ、運任せ、風来坊、フーテン、ヒッピー。そんな自分もいて、正義くんに疲れると運任せくんに頼る、運任せくんに不安を感じてくると正義くんに頼る、それを交互に繰り返して何とか自分を保ち生きてきた気がする。

私が2日前に課題用に始めて書いた5分くらいのシナリオを谷やんに見てもらったら、面白いとも面白くないとも言わず、みきかちゃんはまじめだからな~!(笑)とだけ言った。

うーむ。今、正義くんの自分が表面に出てきている証拠だなあ。

みきかちゃんの歌聞いてても分かるもんねー!谷やんは言った。
確かに。私の歌ってまじめだよね~(笑)

誰のもそうだけど、私の正義くんも例に漏れず、いい側面と悪い側面、利点と欠点がある。一番困るのは自分が正義くんをもて余して疲れることだ(笑)。

だいたいこんなことばっか、ブログに書き綴っている時点でまじめすぎるのだ。

数年前はもうちょっと面白いこと書いてた気がする。

まじめなのやめたやめた、
川のように流れよ~!!
面白い話作ろうー!!

それが結局一番自分の深さが問われるんじゃないだろうか。





1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ