初めての上映会!

三宅洋平の選挙フェス上映会、
なんとか無事終えました!
昼はまったり、夜は平日にも関わらずたくさんの人が集まってくれて嬉しかった。光を遮断するために段ボールで障子を塞いでいたので、酸欠ぎみになっちゃったけど.....。
窪川出身でちょうどカナダとニュージーランドから一時帰国中だったミチルくんとケンゴくんが遊びに来てたので、手伝ってもらって段ボールを張り巡らしその上から布を張りました。

最初ノラレコードで見て感動して、しぶきさんがまだリレー上映の会場を募集していると教えてくれたので、したいなと話しまして、それで高知のリレー上映実行委員会のFacebookページにメッセージを恐る恐る送ると、なんと音楽友達の嘉納くんから返信が来てビックリ!!
高知市内までDVDを取りに来てもらうことが条件なんだけど、と嘉納くんが言うので、しぶきさんが言ってたネット配信でもできるんじゃないかということを思い出して伝えたら、監督に伺ってOKということになりました。
そういう感じに日にちがなかったけれど、みんなのお陰で何もかもスムーズに進んで行ったのです。

ゆうたくんはひたすら二十億光年カフェに張り切っていた。(ちなみに疲れはてて2度とカフェはしないと言っていたけど、次の日には次回の計画を立てていました....(苦笑)いつもそうなの。)


中で映画上映してるのに一切見ずに、お前は何がしたいのか、何をするのか、って強く問いかけてくる、高そうな時計と尖った靴のにぃちゃんがいて、ちょうどのタイミングでこういう人が現れるもんだよね~友達の友達だけどその友達も15年ぶりに会ったとか言ってて。目力のある人。

直球な問いかけに、ん~~~~~、ってその瞬間一生懸命考えたわけやけど、

「世界を平和に幸せにしたい、でもそのためにできることってなんやろ.....。アートで表現していきたいけど。」

って答えたら、そのにぃちゃんは

「ふ~ん、そうながや。」

って真顔でうなずいた。柄は悪いけど、真剣に話をする人なんやな、面白いなと思った。

にぃちゃんにもっと明確に答えれるくらいにならんといけんな~。

これまでは自分を確立することに必死やったけど、これからは、世界がよくなるためにアートに活動してゆきたい。

エネルギーのある人のところに人は集まるっておりねぇが言ってたってまなちゃんが言ってたけど、本当にそうだよね。プラスのエネルギー、マイナスのエネルギー、怒りのエネルギー、憎しみ、悲しみのエネルギー、喜びのエネルギー、向上心のエネルギー、好奇心のエネルギー。

どれだけそのエネルギーをフリーエネルギーのように無理なく回し続けられるか。が、自分の理想の世界に持っていけるかどうかになるのかな。


三宅洋平は選挙フェスでその道をたくさんの人に教えた。ものすごくパワフル。すごいなあ。


夜の上映の後は、ゆうたくんのギターとみきかのドラムでBunBunさんが歌い、まなちゃんがみんなに感想を聞きながら進行していった。洋平くんは最後に「二十億光年スタジオを拠点にみんなで力を合わせてゆきましょう!」って言う。ゆうたくんはカフェに忙しくてまた挨拶もできなかったと悔やんでいたけど、「みんな愛してるぜ~!」とか言ってたので、十分なんじゃないかい(笑)。

そして朝4時まで、大月町に引っ越して来て仲良くなったミチくんと語り合う。

......大月ライフがこんな風になるとは思ってもいなかったです。



結局、選挙フェス4回見たけれど、3回目めっちゃ泣けました。3回目は泣けるって言ってた人がいたけど本当だったね。三宅洋平はすんごい早口だから、3回ぐらい見ないと全部聞き取るの困難やしなあ。


私は初めての上映会、ゆうたくんは初めてのカフェ。
色々、至らないことばっかりだったけど、開催できて本当に良かったなと思います。喜んで感想をメールで送ってくれた人もいたり、最高って言って帰った人もいたり。みんなが最高だったわけではないと思うけど、でもそれでいいと最初から思ってたから。ちょっとでも、一言でも、数秒でも、心に引っ掛かったらな~と。


力貸してくれたまなちゃん、洋平くん、せいこちゃん、ミチルくん、ケンゴくん、ゆうたくんのパパ、ママ、しぶきさん、カテコテのてっちゃん、ゆうこさん、ビックくん、たまきちゃん、てっちゃん、あきちゃん、すーさん、ありがとうです。そしてみんな、シェアしてくれたり、足を運んでくれてありがとう!




ちゃんと記念撮影できないやつら。(笑)一時帰国中のミチルくんとケンゴくんにも、ちょうど見てもらえて良かった。二人はきっとこれからもどんどん成長していく。自分達含め希望の若者。だと思う。というかそうなりたいな。(笑)



夜上映中。小さな家に満員!この後ろにもキッチンにもたくさん。



突如現れてびっくりしたもくさんの電飾。トイレに行ったら、なんじゃこりゃ!?






1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ