変わり目

ふあ~お久しぶりです。
ご無沙汰しております。
色々変わり目はありますが、
今うちも変わり目な気がします。
まあ、常に変わってるんだけど。
ん~なんていうかな、
23になったしな、
大人になりたかったけど、
子どもってことに甘えてて
なりたい大人になれなかった。
もうちょっとしたら、
なりたかった大人になれる気がする。
でもどうかな?
できる~できな~い
した~いしたくな~い
今になってこの歌が
すごく深く聴こえる。(笑)
何年前やろ?
17か18のときにこの歌作って、
ドキドキしながらそのとき
実家に遊びに来ていたせいこちゃん(母)の
友達に聞いてもらった、というより、
セッションの流れで歌って
色んな楽器で入ってくれて遊んだ。
みんながいいねって言ってくれた。
嬉しかったからそのときのことをよく覚えてる。
その内のひとりのてっちゃんちに
今住ましてもらってこれ書いてる。
不思議だなあ。
せいこちゃんも、
何度も遊びに来たてっちゃんあきちゃんの
家にみきかとゆうたくんが住んでるって
不思議な気分やって言ってた。
縁、運命、宿命、偶然、奇跡、必然、
ほんとにこんなことがあるんだよなあ。
いや、こんなことだらけなんだよなあ。

てっちゃんあきちゃん、
小学生のときから、
すごい大人だと思ってた。
漫画に出てきそうな、例えば
てっちゃんは、アラジンの魔法のランプの魔神とか、
あきちゃんは魔法使いの血を引いてすごい力を持ってるけどこの世に隠して生きている人とか。
ほんとにそんな風に思ってた。
今でも思ってる。(笑)
すごい人たちなんだ。


ところで、
最近ライブで、谷ちゃんの曲
「僕は絵を描く人」がウケている。
谷ちゃんの個展で初ワンマンライブは、
予想を上回る一時間半越えで、
みんな乗ってくれたりして、
とても楽しく、とても暖かく、
不思議なダンスをする人が何人もいて
面白かったなあ。
ステージより客席が濃いんだもん。(笑)
久しぶりの人とかたくさん
来てくれて嬉しかったなあ。
あとね、
「the Old Wooden Band (年老いた木のバンド、古い木製のバンド)」だからね、
大木を真ん中にどーんと描いて、
その回りに聖霊が飛んでる絵になってたの。
谷やんとスオウで。
あ、こんなバンドやりたいんやなあ、うち。
って思った。嬉しかったなあ。


あ、今、裸踊りのとっても素敵な茜さんから
2016年も大吉確定メールもらっちった。(笑)
そんなことってあるんだ。(笑)
いや、こんなことだらけなのか?
面白い人だな。

みんなかけがえのない人達なのだ。
大好きな人達なのだ。
ありがとう。本当にありがとう。

相変わらず話があっちゃこっちゃ飛びますね。
性格なので仕方ないっすね。

大月町に引っ越しました。

どうぞ遊びに来てください。

録音スタジオもやりますよ。

良いお年を。

また来年もよろしくですよ!!

おわり。
1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ