アメリカの旅

毎日ブログを書くなんてとんでもなかった。
だってまだ1回も書いてないんだもん。
3週間も経ったのに1回もとはひどすぎる。(笑)
毎日が濃くて色んな事がどんどん起きていって
暇がなかったです。
一人でも旅をすると色んな事が起こるけど、
それが四人もいれば、凄まじい。

今はシカゴだよ。
旅の模様はヨウヘイくん主導で撮りためてる
ロードムービーに頼ることにした。
書くことなんて3日目には諦めてたよ。
ははは。

本当にいい人にしか出逢わなくて、
アメリカ人が好きになってきた。
以前アメリカにユウタくんと来たとき
出逢ったアメリカ人達は大好きだったけど、
それは短くて数人だったし、
今回のようにアメリカを横断したわけではなかったから。
今コーヒー飲んでるんだけど、
アメリカンコーヒーはまーじーで、薄い!!!
私たちは茶色い水と呼んでいる。(笑)
もちろん濃いコーヒーを選べるところもあって、
でもそれがまためちゃめちゃ、濃い!!!
とにかく極端なのよ!!!!
最近はそれがアメリカだなと思ってる。

喜怒哀楽を全身で表現して、
何もかも一生懸命、ハロウィンなんて命懸け?
ってくらいコスチュームに必死だったり、
路上で号泣してる人を何回も見かけたし、
うちらが路頭に迷ってるときは
本当に親身になって助けてくれたし、
なんかすごく、
アメリカが生んだ数々のソウルフルな音楽、
「全米が泣いた」というフレーズができた意味、
コメディ映画の半端ないコミカルさ、
そういうものの理由が、
よーーーーく分かった。
本当によーーーーく分かった。


すごく面白いよ。
アメリカは本当に面白いよ。
それに素晴らしい人達だし、
素晴らしい音楽や文化がある。
色んな矛盾や犯罪や闇があるけど、
でも確かに自由の国だ。
何しろ気持ちが自由なのだ。
色んな国の色んな文化がある、
色んな宗教がある、色んな人種がいる、
色んな考えがあることが当たり前の世界なんだ。


今、ななめ前の席でコーヒー飲んでる
ビジネスマンのおじさんに何故か、
一瞬席離れるからパソコンとか見ててくれ!
と早口で頼まれてしまった。
他に人がたくさんいる中で身元不明の
アジア人を選んで信用したおじさん。
私はちゃんと見ててあげるし、盗ったりしないから
おじさんは私を選んで正解だったわけだ。
信用できるかできないかの判断もできないと食われる。
弱肉強食だなあとつくづく思う。


日本は日本のままでいてほしい。
アメリカの真似をしないでほしい。
でもアメリカの自由さは心地よくもあり、
いいところもたくさんある。
日本とアメリカは全然違って
どっちも好きだし
どっちもいいとこがある。
どっちもいいとこ取りして
色んな国のいいとこを生かしていけたらなあ
と思う。


全然音楽の話をしなかったけど、
まあ、それはロードムービーのお楽しみに
してもらおうと思ったわけではないけど、
そういうことにしよう。
うちもテキトーだな~
真面目な日本が大好きなんだけど、
テキトーで自由な国の方が楽ではある。
難しい。(笑)


それでは、日本のみなさん、
残り1週間を楽しみます。お元気で。
ああ、久しぶりに一人でゆっくりしたなあ~。
1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ