ぐったりそしてやりきった

そう、私たち、樹果とゆうたは、
ショウくんが来て、まなちゃん洋平くんが来て、
合計2日間、最後の日は夜中の1時まで合宿練習をし、
大方高校の10周年記念コンサートに出演して、
はい、ぐったりのへとへとのぼろぼろで
昨日は8時過ぎからまさに泥のように眠りました。
む、なんで泥のようにって言うんかな、と
ここで疑問がわいてきて、調べます。(笑)
........ふむふむ。......要するに.....
中国の「異物志」に「泥(でい)」っていう
南海に住む空想上の虫?が出てくるらしく、
そいつは骨が無くて、海の中では元気だが、
海から出るとぐにょぐにょになるため、
泥酔や泥のように眠るなどの言葉ができたとか?
.........すごい気になる!「泥」っていう虫!
どんなヤツか気になるわ〜.......

で、話は戻りまして、
ぐったりもぐったりですが、ライブはやりきったよね!
志和樹果のソロで3曲と
The Old Wooden Band(樹果、ゆうた、ショウ)で1曲、
その後、ManaYohei&The Old Wooden Band
(まな、洋平、樹果、ゆうた、ショウ)
というコラボ企画?で4曲でありまして、
私はドラムを叩き、洋平くんはベースを弾くという。(笑)
たった4曲で筋肉痛です.......くぅっ...泣。
粗を探せば切りがないけど
なんとかかっこよくなったんじゃないかな!!!???
一本の楽器に絞って練習するのは楽しくないし
自信のあるものがないからとっくにやめた。
例えばギタリスト、とかドラマー、とか歌手、とか。
そういうのプロフェッショナルで憧れてたけど
うちは、色々やるんだ。
色々やるミュージシャンになろうと思うんだ。

ところで昨日バンドについて1つ気がついた。
長くとも短くともメンバーで磨き合う家族のようなバンドと、
ジャズミュージシャンのように一人一人が独立していて
セッションなんかもスムーズにいくバンドの
2種類があるんだなということ。
そこに気づけたことはうちにとって良かった。
今まで一緒にやるミュージシャンにいつも
一人一人の独立を求めてしまっていたから。
自分がそうなりたいだけでみんながそうじゃないんだな。
すぐ人に自分と同じものを求める悪い癖なんだな。

実は昨日もバンド内いざこざがありました。
ManaYohei&The Old Wooden Band
のコラボバンドの初ライブが実現する直前に
崩壊しかけておりました。(笑)
その時気がついたのです。
ああそうか、このバンドは家族的バンドなんだなと。
まあ、5人中2人が夫婦で2人がカップルで
当然といえば当然のようやけど。(笑)
でもうちとゆうたくんの2人の場合はカップルでも
独立したミュージシャン同士を目指してる。
The Old Wooden Bandも独立系で
ManaYoheiは家族系。
そこでまなちゃんの曲でまなちゃんがフロントマン、
ManaYoheiを筆頭としているバンドというからには
家族的バンドにならざるを得なかったのでもめた。
と、分析したのは私だけで
他のメンバーがこのブログを見ると
そんなことじゃねえよ!って言うと思いますが。(笑)

どちらにせよバンドは仲がいいことがとにかく重要だ。
(当たり前....それがなかなかに難しい....w)

おまけ話。
見に来てくれていたせいこちゃん(母)が言いました。
「バンドめっちゃかっこよかったで!ええやん!
ほんで、あのPAの人が毎回
身軽にステージに飛んで登るのがかっこよかったわ〜!
片手でやで!(体育館のあの横の結構高いステージ)」
へ〜?あの寝グセのいつもダル気なPAジョニーが?
そのギャップを狙ってるんか?(笑)

もう1つのおまけ話。
ゆうたくんは洋平くんのチェックパジャマで出演し
酷評を喰らっておりました。(笑)

あ、あともうひとつ!(いくらでも出て来る...終わらない...w)
1曲だけ演奏したThe Old Wooden Bandの
その1曲について!
今までで一番最高の「迷子」でした!
これまでの3人の小さなミスが一切なく完璧!(たぶん)
気持ちいわ〜これだわ〜これだよ〜
ああ、あんまり完璧主義をやったらいかんのやけど。
でもそれが快感なんですよね。
1曲だけやったのも良かったのかもね。

何はともあれ、やりきったよ!
よっし!次に向けてがんばるぞ!
1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ