ノルウェイの森

ノルウェイの森。
一気読みしてしもうた。。。
あんなにばたばた自殺されたらたまったもんじゃないけど
予想をはるかに超えておもしろかった。

まず映画を観た。
菊地凛子さんが見たかったから。。。
最高やった。
菊地凛子も松山ケンイチも演技力半端ない。
景色とか建物も色あざやかやけどシックで見よって気持ちいいし、
音楽は最高すぎるし、
(ドイツのバンドのカンとレディオヘッドのジョニー)
服とかも学生運動の頃やけん6、70年代の日本人の格好を
西欧のフォーマル風にかっこよくしたみたいな感じで、
んーなんというかこんなオシャレじゃなかったろ!って感じが
逆に現実とメルヘンの間みたいに思えて良かった。
ってか単純にかっこよかった(笑)。
問題の内容やけど、ちょっと「え?なんでそうなる?」
ってとこがいくつかあって、でもそれは原作を読んで多いに納得した。
つまりひとりひとりの描写が少なすぎたと思う。
ネタバレするけど主人公ワタナベが直子を好きになって
でも最終的にはミドリが好きになる。
やけどうちはあんまりミドリが好きになれんくってねー、
ええええええええそうなるん!?なんで!?
って感じやったし(また直子がかわいいんだよなー)
礼子先生と寝るのもはい!?って話やった。
でもそれは原作を読むと完璧に納得する。
ミドリぶっ飛んじょってめっちゃ面白いし、
礼子先生も不思議とかっこえい。
し、その流れではそうなって然るべきやと思える。
うち的には映画はそこが残念やったけど、でもしょうがないと思う。
全部詰め込んだら二部作か三部作にせないかんなるもん。
それ以外はめっちゃえい。
なにより音と背景と俳優さんがえい。えい。えい。
やけんおしいかったなー。
そういえばはっぴぃえんどの細野さんもちょい役で出ちょって
渋いレコード店の店長って感じの役やったけど
後に原作を読むとめっちゃチャラい店長やったけんウケた。(笑)
YMOの高橋さんも門番役でほんのちらっと出ちょったけど
それも原作読むと頭のおかしい門番やった。(笑)
長澤さんもかっこよかったな〜
もっかい読みたいし映画ももっかい観てもいい。
うん、よかったなあ。
まだ浸っている。
でもやっぱりさ、
これだけバタバタ自殺されたらたまったもんじゃない。
もうちょっと自殺者数を減らしてくれないかな春樹先生。
1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ