転換期

焦ってはならない。
焦る必要もない。
だが、今のままでは動かない。
何より心がそこに向いていない。
転換期だと思う。
変わる時期だと思う。
なにか大きなものが動く。
そんな動くエネルギーを感じている。

私は今、ゆうたと何の障害もなく
付き合っているというのに
不倫相手のきぶんだ。
それはバンドのせいであり、
それは音楽のせいなのだ。
半分以上、音楽で付き合っている
といっても過言ではない。
むしろそれが障害とも言える。

だが、今、
私がひとつの選択をしたとき、
ひとつのものを壊すことになると同時に、
ゆうたをも失う可能性がある。
うまくいく要素よりも
心配ばかり浮かぶ。
今は身動きがとれない。

だが今のままでは辛いのだ。
だがもう少し時期を待つべきなのだ。
焦ってはならない。
ゆうたはまだ羽を広げ出したばかり。
私はひとりで飛び立つ準備をすることもできる。
しかしそれはとても寂しい上に、
もしそうすれば近い将来、
ゆうたとは共に居られなくなると分かる。

今、どうすればいいのか、
ただ待つのか。ただ待つのか。
来るかどうかも分からないその時期を。
そんな我慢強い私だったか?
そんなことで甘んじられる私だったか?
動け。動け。動け。動けよ!
このエネルギーは動くはずだ!
待っていられないところまで
限界が来ている。
なりふりかまっていられない。
傷つけることを恐れていられない。
形はもう見えているのだから。
エネルギーはもう動こうとしているのだから。
しっかりと地を固めながらやろう。
慎重にやろう。
あとは何か大いなるものが動かしてくれる。
それを信じてやればいい。
できるよ。できるよ。できるよ。
きっとやれるよ。


1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ