クバーノに触れて 第四章

3日目にして学んだこと。
・1人分の料金を確認する。
・目的を明解にしてそれにそってない
場合は受け入れない。
・図々しいやつにはこっちも
図々しくなってもよい。
・むしろ図々しくならなければ
目的は達成されない。
何度も何度も失敗し、
やっと図々しく
何でもできるようになったのは
3週間経った最後の最後やった
気がするけど、そうやって
うちらはキューバでの
快い過ごし方を勉強していった。
今メキシコに帰って思うが、
メキシコ人はやたら親切で
色んな面で豊かで
毎日何するにも楽だ。
キューバには本当に鍛えられた。
毎日が壮絶だった。

ところで、そのままとぼとぼ2人で
歩き続けたわけだが、炎天下の中、
なんだか何もかもバカらしくなってきて
ちょうどいい大木の木陰で休んだ。
2人でギターを出して歌った。
色んな人が珍しいアジア人を
観察したり、手を振ったり、
挨拶したりしてゆく。
その中の1人の黒人のおばちゃんが
中国の漢方薬のようなものを持って来て
これは何だ?と聞いてきた。
たぶん薬だけどうちらは日本人で
これは中国語なので分からない、
ごめんと答えると、
そおかーーこれあげるよ。
と分かってるのか分かってないのか
とにかくくれて去って行った。
このあとそのおばちゃん、ミリアンと
3日間一緒にいることになるのだが
続く…




1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ