がたろう+ゆうた

がたろう+ゆうたのライブ!
めちゃめちゃ良かった〜!最高〜!

ここんとこなんか
精神的になんか波が緩く落ちてる感じやったがやけど
それが吹っ飛びました!
めっちゃ元気になりました!

がたろうさんの心に残る良い歌詞と良い声、
安定したアコギのリズム、
かっこいいウォーキングベース、
そこにゆうたくんのきらきらしたエレキメロディ、
バラードなキーボードメロディー、
かわいいピアニカメロディ、
で、褒めるところ終わりかと思いきや!(笑)
ゆうたくんが暴れ出します!!!
かわいいはにかみ笑顔からは想像つかない
変態ぶりです!!!(爆笑)
でもそれがさらにかわいい♡
かわいいと思ううちも変態?
でも他のお客さん(おばちゃん)も
「ゆうた君かわいい〜♡」
「ゆうた君のスイッチ入れて〜!」
とか声援(?)飛ばしてましたよ(笑)
「練習のときより全然できんかった」
って言いよったしホンマこれからもっと
よくなりそうやったけど
うちにははずれた音とかもツボやった。
ハーモニカを吹いた時も右と左にはみ出して
ハーモニカがないところまで
無駄に吹いて吸うその姿が最高!!ははは
ほんでがたろうさんの録っちょった声を反転させたり
宇宙空間的な音を作ったり
「あんだけ遊べるのはがたろうさんの歌の
土台がしっかりしちょうけんやろうね〜」
って話よったことやけどすごいいいコンビ。
やっぱりバンド仲間は大事。
ひとりの時とはパワーが違うっちゃ!
ちなみにがたろうさん53歳。ゆうた君25歳。
ええよね〜この歳の差。
がたろうさんが「生きてる生きてる」っていう歌
聞きよってって言いよったけん
特に耳傾けて聞きよったけど
ホンマにええ歌やった。
人生長く生きると色々あるやん。
うちみたいな若い人には分からん
気付きがあるがやろ〜な〜って思う。

そんでだいちゃんとうちとマナヨーヘイを
ゲストで呼んでくれて2曲ずつ演奏しました。
うちの演奏がどうやったかはさあ最近良く分からん
っていうか前から分かってなかったか!
マナヨーヘイは盛り上げてましたよー
がたろう作詞作曲「雑草」のカバー。
枯れても〜なんちゃら〜っていうところで
「がたろうさんも枯れてた時もあったけど、」
って挟んだのにウケた。(笑)
お客さんも、特にがたろうさんの
同級生あたりが爆笑しよった。
(枯れちょったことを知ちょうけんやない?)

「がたろう」ここに復活!
「+ゆうた」でパワーアップ!
また見たい!って言うたら
いやいや、一緒にライブしようよ!
って言うてくれた。うれしい。

これは昨日のこと。
あっうちのCDも3枚売れたんだ〜^^にこにこ
ギャラももらったんだ〜^^にこにこ












1

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ