スタジオ住次郎

スタジオが完成されつつあります。
しかしひぐらしの声が凄まじい!
癒されるけど録音したら夏丸出しだよな(笑)

603647_445320362276091_5536512256084439196_n.jpg

10501734_445320378942756_6573932316400752243_n.jpg

10409393_1448391558778061_7716141420681341620_n.jpg

10488088_1448391592111391_7479691515110868562_n.jpg

10527784_445320395609421_8604302181176945254_n.jpg

最近の私といえば、ええ、図書館通いです。
こんなに貪るように本を読んだのは中学生以来。
私はちょっとずつ読むということができない。
読み出したらぐあーーーーーーーって
ものすごい勢いで読んでしまわないと
本の世界から帰って来れないのだ。
しかも読むの遅くて、
好きなシーンをもっかい見たりするけん
続き物とかだとぼうだいな時間が必要。
そうだ今だ!
このスタジオ作りに夢中な超マイペースゆうたくんを
イラッとせずに待つには今こそ本を読むべきだ!
そう思って家にある読んでない本を読み、続いて
図書館に行って本を借り出したら止まらない止まらない!
あれも読みたいこれも読みたい、
1人10冊じゃ足りないです。

それで昨日もいそいそと図書館に出かけたら休館日!
ガーーーーーーン!

休みは月曜と祝日だけだと思っていた......!!

最終週の金曜も図書整理で休みなんだって(泣)

中村までわざわざ出たけん(車で約25分)
宿毛の図書館に行ったれ!と思ったけど
ゆうたくんが調べてくれたらそっちもお休みだった........
カクーーーーン.......

その後中村でゆうたくんとはぐれた瞬間、
私のケータイが私の心と共に電池切れ.....(笑)
充電器もない。
ノーーーーン//////

私がそこで立ち止まって待ってればよかったのに
あれやこれや色々考えて
ゆうたくんの行きそうなとこ探したもんだから
みきかを探す車のゆうたくんと
ゆうたくんを探す歩きのみきかですれ違いのすれ違い.....
ヒーーーーーー
夏の炎天下の中、ひたすら歩いた私は
ゆうたくんと会えたときにはぐったり。
「もう、帰ろう......」
「うん......カリヤ楽器だけ行こう。」
しかしゆうたくんの行きたかったカリヤ楽器までも
7時までのはずが5時半に行ったら閉まってた....!
パラリラパラリラ〜

終了しました。昨日は本当になんだったのか.....
でもその後ゆうたくんが渾身のギャグ、
駐車場で自分の車を見失い、
さらに人の車を間違い乗ろうとするのを2回繰り返し、
またか、と爆笑して帰った。
この人は誰よりも一番目立つ車に乗るべきだと思う。
白のムーブ(ゆうた車)なんていくらでもあるのだ。
白のライフ(みきか車)はさらに多く、
昨日もムーブで来たくせに
見知らぬ人のライフに乗りかけていたので止めた。
一度など、鍵が空いていて乗り込んだら、
後ろから赤ちゃんの泣声が聴こえて
びっくりして飛び降りた!らしい。
そりゃ赤ちゃんの方がびっくりやで!

プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ