インドの旅 27日目・ダージリンへ向かって!

いよいよ、インドの旅も終盤に近づく中、リトゥの住むアッサムに行くことに決めた!日本のガイドブックにはほとんど載っていない東北インド。独立運動をする過激派がテロを起こしている地域があって、警戒区域となっているからなんだそうな。(でも今は治安は安定しているという話。祈)

ネパール、ブータン、チベット、ミャンマー、バングラディッシュに囲まれているというすごい場所。いかにも独立運動が起きそうな立地だ。
アッサムの中でもリトゥの住むのはマジュリという島で、行き方を調べたらとんでもなく遠い上に情報少なすぎて、一回心折れかけた。(笑)バラナシから鉄道で3日間かかる上に、そこから更にバスやリクシャー、フェリーを乗り継ぐのだ。
まず鉄道で、バラナシからその中間地点までのNew Jalpaiguli(ニュージャルパイグリ)までにして、せっかくだから、Dahjeeling(ダージリン)にも行くことにした。

この鉄道は2時間半遅延して、待ち時間が長かったけど、みんな覚悟済み~♪(笑)
駅構内は、寛ぐ場所。むしろ、駅の外に出ると、タクシーとリクシャーと物乞いでごった返しているので、駅の中の方がまだ落ち着ける。

本屋さんのおじさんが遅延のこととか教えてくれて、とても親切だった。

この切符が慣れないと分かりにくくてクセモノ。

朝は歯を磨き、クシで髪をとく。
私は一番高い位置のベットだった。

すごいところに靴を置くわね。(笑)

チャナチャナ、と何かを売りに来たので食べてみた。カレー味の豆とコリアンダーのおやつだった。おいしかったよ!

とりあえずニュージャルパイグリに着いた!
ヒマラヤ山脈を行くヒマラヤ鉄道というのが有名らしくて、いたる所に鉄道模型が。
駅を出たらすぐにタクシー運転手に囲まれて、はっ!いかんいかんと、すぐに駅に引き返した。またインド人のペースに飲まれるところだった!インド人のペースに飲まれると、高く付くのもあるけど、行きたい場所から外れたり、必要のない場所に寄られたりというのがもう、むっちゃめんどくさい。分かった分かった!と言いながら全然分かってないことが多々あるのだ。
もくちゃんはそれが嫌で、今は完全にOlaというUberみたいな配車アプリを使ってるらしい。
一旦駅へ戻り、駅で一息付いて、作戦を練ってからもう一度表へ行った。今度はこっちのペースで行きたい所を告げてリクシャーに交渉する。
そしたらなかなか上手く行った!だいぶ強くなった気がするのだ!
リクシャーでSiliguli(シリグリ)というところまで、200ルピー。シリグリからダージリンまでバスで3時間、103ルピー。という安さでスムーズに行けた!
面白いことに、こっちがハッキリ物を言うと、まくし立ててくる人もちょっと大人しくなる。

どこまでも続く茶畑!バスからの景色。
ここから、どんどん3時間かけて山へ登っていく。なるほど、タクシーがジープなわけだよ。耳も飛行機乗った時みたいにキーンとしてくるし、風の冷たさが全然違う!

段々田んぼだ!むっちゃテンション上がる。

うわあ!だいぶ高い!と思った時、バスが突然停車した。
ん?

運転手さん、石持ってきた?
エンストして進まなくなった?
実は前にも坂道でバスがエンストして中々前に進めずにジリジリ下がっていった事があったので、もしやと思った。

ふぉ?車掌さんまで降りて手を洗い始めた。
ジーっと2人を見ていたら、降りてこい、と手招きをする。
なんだか分からんが、降りてみた。
そしたら、店の中に入れと、何か食べるか?とジェスチャーで聞いてくる。
え!?もしかしてただの休憩!?(笑)

なぜか運転手さんと車掌さんは調理場の方へ消えていく。友達か親戚の店なんだろうか?(笑)

モモがある!!!やった~!

おいしい!!!このモモはキャベツベースだ!

こうやって見ると、とても休憩地っぽく見える。(笑)

こんなカーブばっかりの山道。

ガードレール?

なんて書いてるか分からないけど、危険だよ!的なこと?ドクロマークが怖い。(笑)

ほんとにここを鉄道が通れるのか???
ずっとこんな感じだった。

色とりどりの野菜!!!もしかして、インド中心部より豊か?

我らの青バス、3時間経て着きました!

ダージリンでは、9割がジープ系の車!山登れないと話にならないのでしょう。

坂道だし、標高高いしで、宿までの道のりに息が切れる。

カーテンがかわいい!Smriya Homestay という宿、親切な家族に、綺麗な部屋で、とても良かったですよ!勝手にオススメしたくなる宿!オススメしたくなる街!

村井まなちゃん 四万十町議会議員選挙に向けて

あけましておめでとうございます!
人生をかけた大きな夢に向かってがんばっています、志和樹果です!(まなちゃん風)

今年初めてのブログ投稿が四万十町議会議員選挙へ向けての動画になろうとは、2018年には全く想像しておりませんでした。
立候補するのは、私!!ではないですよ。(笑)
10年来の親友であり、音楽活動の先輩であり、バンドメンバーであり、映画仲間である、お互いに影響を与え合ったり、喧嘩したり、また仲直りしたり、泣いて笑って同じ釜の飯を食った、まさに同志!な存在の「村井まな」ちゃんです!

まなちゃんの紹介を話し始めたらものすごく長くなりますので割愛させて頂きますが(詳しく知りたい方はこちら→村井まな後援会ブログ 村井まな本人やスタッフが更新しており、プロフィールも書かれています。)、まなちゃんは幼い頃から強く政治に関心を持っていて、また前向きなビジョンを人々の心に訴えかるのが得意です。
私の好きなところは、ユーモアとセンス、そしてすごく純粋なところかな。勉強家でもあります。

何より、周りが毎回驚くほどの行動力は議員活動に活かされる魅力な点になるかと思います。(今回の立候補も驚かれた方が多いことでしょう。決断が早すぎて付いていけない人もいるはずです。でも、それも良いのです。決断が早い人、熟慮する人、素直に信じる人、斜に構える人、いろんな人がいるのがいいのです。力を合わせれば百万力。無敵なのであります。)

ええ、前置きが長くなりましたが、わたくし、こんなマニュフェスト動画を作りました!!ダドダドン!!固くなり過ぎないように、いい感じに仲間の楽しい映像や生活風景も入れましたので、難しいことが苦手な方も親しみやすいと思います。見てみてね♪

投票日は1月27日です!あと3日!!!





(映像が切れて見える場合、こっちに飛んでください。↓)
村井まな 四万十町政 マニュフェスト 2019
https://www.youtube.com/watch?v=R3ScDOKTV1w






本当は、文章を書き起こして全編テロップにしたかったのだけど、時間がありませんでした〜〜〜。それが心残り。。とても良いことを言っているからこそ。

ちなみに、一番気に入っているところは、選挙カーのスピーカーを付けた88歳の秋田さんが、テストで「魚屋です。」と言って、魚屋ごっこを始めるところです。そのあとに、「今日は、カツオが安い。至急、車までおいでて下さい。」と続きます。至急、ってどんな魚屋さんやと思って爆笑しました。
とあるウグイス嬢が「選挙に希望持っていきましょう!」と言うところも大好きです。選挙ポスター張りの両面テープ付けを手伝ってくれた男の子が、食器を運んで叫びながら走り去って行くところも好きです。まなちゃんが「みんなあで」と言うのも好きだなあ。「みんな」じゃなくて「みんなあで」と言うのが高知の方言で、母音を伸ばすのが特徴です。言い出したらキリがないですね。(笑)

近ごろ、同じ気持ちを持った友達が選挙に出るということが増えてきて、これが地道に続けば、政治が変わるんだなー!と思い始めています。それと、今まで立候補には大変なイメージしかありませんでしたが、今回手伝ってみて、色んな政治事情や選挙事情、古株議員さんのキャラの濃さ、議員さん同士の絡み合いがとても面白く(誤解を生んではいけないので詳細は言いませんが、面白いことがたくさんありました。)、選挙という祭りを楽しむものなのだと年配の先輩方々から教えられた気分です。
まなちゃんが四万十町議員になれば、新しい政治が動き出すだけでなく、自分達がもっと積極的に関わりたくなるような町議会、市議会というふうに、地元の議会への親近感が変化することが1番の大きなメリットじゃないかと思います。私も今回、気持ちの面では政治に関心があるにも関わらず、自分の住む街のリーダー達(議員さん達)からだいぶ遠くに居た、ということに気が付いたのです。なのでこれからの動きが楽しみです。

1人だったら心細いけど、仲間がいれば、何でも楽しい!

四万十町のみなさん、立候補者をちゃんと見て、よく考え、投票しに言ってくださいね。この動画を見て、村井まなちゃんがいいなって思ってくれたら私は泣くほど嬉しいです。なにしろ私は四万十町の隣の隣町に住んでいるので一票入れられないのでね。

そして、政治や選挙がいかに面白いか、という視点でこれからもまなちゃんを観察していき、また撮影していき、「みんなあ」が楽しく関われる市町村議会を目標に、それを促す映像を作っていけたら最高だなと思います。今後とも私たちを暖かい目で見守っていただけたらと思います。どうぞ、よろしくお願いします。


町も人も、個性を活かす映像作り、二十億光年スタジオ。
志和樹果でした。ありがとうございました。(まなちゃん風)

P.S. 私は政界入りしませんよ。(笑)でも応援は全力でします!政治は生活の一部なので。(誰かが言ってた)










プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ