タフに

タフになろう。
ゆうたくんはタフになったんだそうな。風が吹いたら飛ばされそうな軽い魂で~
って感じの人だったのに、タフになったんだそうな。
私は心臓に毛が生えてるっていう風に見られることが多いけど全然そんなことはない。
いざとなったときにはゆうたくんの方が強い。
私もタフになりたい。


夜行バス

ゆうたくんとせいこちゃんに見送られ、久しぶりに寂しいな~

久しぶりに寂しいな~

ぽろり


レコーディングスタジオ

四万十市に本格的なレコーディングスタジオが夏に完成する。
スタジオの名前らあない。付けたちかまんで。
とのことだ。彼のイニシャル名のスタジオになるのだろうかね。
この方は、前にもブログに書いたことあるけど、ゆうたくんの師匠で恩人だ。
彼の行動力はすごい。夢のような話を本当にポンっと実現させてしまうとは思わなかった。昨日遊びに行ったらもう半分出来上がっていてびっくりした。
年は60くらいと思う。
本職はトマト農家。
大工もレコーディングスタジオなんて作ったことないので、大まかな設計は彼がして、相談しながら作っているらしい。雑誌や本で勉強して、見よう見まねなんだそうな。
ゆうたくんは歓喜している。自分が欲しいけど簡単には作れない防音のレコーディングスタジオをポンっと作って使わせてくれる人がいる。素晴らしい!素晴らしすぎる!
しかもその人、本当にいい人だし、私も大好き。更にこの行動力には、私もゆうたくんも脱帽で、尊敬で、かけがえのない大切な人だ。機材を貸してくれるからとかではなく、さっぱりした性格、潔さ、必要なことは簡潔にはっきり言うところ、頼まれたことは何でもやってみるところ、裏表がないところ、ムリなことはムリと言い切るところ、機材トラブルに駆けつけてくれるところ、などなど、見習いたいことばかり!かっこいい!

ただ、実は言うとね、あんまりエンジニアリングには興味ないらしく、PAも録音もそれ事態が好きなわけではないらしい。本人がそう言ってた。(笑)
とにかく機材が大好きでそれを集めてたら、どでかいフェスができるくらいの量になってたそうな。

そういう気の抜けたとこも私にはツボでね~
大好きだわ~(笑)

これからもお世話になります。よろしくお願いします!






先週に、志和組「土にかえる」撮影終わったよー!初めてのことする時はいつも、頭回らなくて至らないことばっかりだけど、でも挑戦してよかったと心から思っています。支えてくれた仲間たちのおかげおかげおかげー!!今回の短編映画制作には、高知愛媛の友人たち、東京界隈の友人たち、全国全世界のこれまで私と遊んで、一緒に作品を作ってくれた人たちの影響が色濃くあり、本当に嬉しいです。
シナリオも何人もが深夜まで相談に乗ってくれてね...励ましてくれてね////
集合写真にはアンドリューと竜くんともくじいが写ってなくて残念だし、その他にも私の大好きな友人たちが写ってなくてとても残念です。欲張ったらいけないので、これからちょっとずつ進歩して色んな人を撮影させて欲しいなあと思います。ドキュメンタリーも作りたいです!同じタイミングで「日常と長い夜」を洋平くんが映画祭に出してくれました。どうなるか楽しみだなあ。好奇心が広がりがちな私、とりあえず今は、この「土にかえる」を完成させることに全力を注ぎます(^^)!編集に音に、これで終わりでは全然ないのだけど、撮影終わってホッとしています。ありがとうございました!!!また私と遊んで下さい!一緒に遊べるノリの良いスポンサーも募集中!(^^)d





決定稿

血と汗が滲んだようなシナリオ決定稿ができあがりました。もし鉛筆で書いてたら血が滲んでました。いや、私の心の血は滲んでおります。1週間眠りこけたいです。。。。。
でも何より嬉しいのは、私一人じゃできなかったから。たくさんの人が真剣に悩んで、アドバイスくれて、話聞いてくれて、ぐはーーーーーーーー
深夜まで私のぐちぐちうだうだなよなよと行ったり来たりを繰り返してるのを電話で聞いて励まし、大切なことを教えてくれた友よ。君たちのためなら私は何でも、本当にどんなことでもやります。
でも知っているのだ。彼らが私に求めていることは何かということを。
やれ!打ち上げろ!やってしまえ!って聞こえる。
一緒にやろう!って聞こえる。
神の啓示やで、ここまできたら。
何を大袈裟な。
けんどほんまそれぐらいのことやもん。

言葉にならないわ。この疲労感と、この興奮。

本番はこれから。しあさって始まる。やりきる。やりきるよ!!!!!!





プロフィール

志和 樹果(Mikika Shiwa)

Author:志和 樹果(Mikika Shiwa)
1992年へその緒を首に巻いて死にかけながら生まれ落ちる。高知県足摺半島で育ち、音楽と芸術に没頭、中学卒業と同時に旅人になる。ギターとハーモニカを持ってライブを重ね、16歳で自主制作1stアルバム「こもど」を作って売り歩く。18歳のときドイツに渡り、路上で歌いながら1年ちょっと、世界23ヶ国の旅をする。その後ユウタと出会い、バンド the Old Wooden Band や録音を始める。22歳になって、Great Spirit と名付けたバンドで突然ドラムを担当することになり、メンバー4人のみでアメリカブルースの道を辿るツアーを決行し、その珍道中を収めた「日常と長い夜~Everyday and Hard Night~」というロードムービーを制作。現在は高知県西部の古民家で録音スタジオ「二十億光年スタジオ」を作り、録音やバンド活動をしながら、まだまだ旅の途中。
The Old Wooden Band 動画 ↑ここをクリックするとyoutubeに飛びます。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
月別アーカイブ